2012年4月27日金曜日

O Bride Styleで見つけたおいしいもの(2)

perfect flower
前回の続きです。題したほどおいしいものを並べませんでしたね・・・今回は、一番美味しかったチョコレート、Suzana Pimentaを紹介します。
suzana pimenta

こちらの、一押し商品、絵の描かれたチョコレートカップに赤い果物(イチゴ、ラズベリーなど)クリームやレモンクリームが入ったものがやったら美味しかったんですよ。まあ好みはあるんでしょうが(隣で試食していた人は気に入らないようでした。あんまり甘くないからかと)。ちょっとだけ買えるお店がないのが残念です。
suzana pimenta

ちなみにこのドーシ界の流行だと思われるのが、ほおずき。味はまあまあですが、かわいいです。
白が基調の他のデコレーションに比べ、あたたかな感じのするフラワーアレンジメントは、Perfect Flowerです。

それから、2日目にのみ登場したビュッフェもなかなか、なんというか、ブラジルの今風でしたよ。一口大の無国籍アペタイザーがわんさかあって。Divani & Fuscoのケータリングでございます。
divani&fusco
おもいっきりおしゃれをして、豪華な花に囲まれた美しい会場で、おいしいものをちょこちょこっと食べながら、がんがんシャンパン飲んで、ライブ演奏で踊る・・・うーん、ブラジルセレブの結婚式は楽しいものですねー。このイベントに参加したせいで、私の基準は相当上がりましたよ、全く。

花嫁のファッションショー"O Bride Style"で 発見したおいしいチョコレート


flor e forma25日、26日の晩、第3回”O Bride Style”が開催されました。こちら、初めて会場をサンパウロ・ファッション・ウィークと同じビエンナーレに移し、規模を拡大して「花嫁のファッションウィーク」と銘打っての開催となりました。参加デザイナーには、グロリア・コエーリョ、サムエル・シルナンスキー、R.ホスナーといったSPFWメンバーも。これはこれは、と思い取材に出かけました。そのショウの模様は、「ブラジルファッション日誌」の方にアップしますが・・・イベントについてはこちらで。(※レポート本サイトにアップされました。

fleur de sucreファッションショーの方にばかり頭がいっていたのですが、結婚式といえば、ウェディングドレス以外にも、会場装飾やウェディングケーキにドーシ(ブラジルのスイーツ。披露宴会場には、スイーツの並んだテーブルを設える伝統が)、アペタイザー、写真にビデオ、ハネムーンに会場に入れるエアコンまで、様々なブースが入っていました。
中でも楽しいのは、試食自由のケーキ&ドーシ+テーブルデコレーションブース。おおっ!という美しくおいしいのがありましたので、紹介します。


まずは、Fleur de Sucre。ブースには置かれていませんでしたが、サイトを見るとウェディングケーキに力を入れているようです。写真がシェフの1人、ファビオラさん(もう1人アナパウラさんがいます)。
こっちのケーキは、そのカップル色が強く出た物が多いです。よくあるのが、マジパンで作られた新郎新婦が上に乗っているもの。それ以外にも、色や模様や生花を使ったり・・・会場装飾やドレスなどに合わせて、いろいろなパターンがあります。サイトを見ると、誕生日ケーキなんかも作っているので、ブラジル流パーティーをする方はチェックしてみては?ちなみに水に蓮、キャンドル、シリンダーに入った蘭にフリージア・・・というデコレーションは、Feijo Design。ついでに、キャンドル&花のデコレーションでは、一枚目の写真のFlor&Formaもなかなか素敵です。



さてさて、見た目はもちろん、味のいいドーシですが・・・Carol Meloはなかなか。マラクジャの入ったチョコレートカップがおいしかったです。バラ型も豪華!

(つづく)




2012年4月26日木曜日

ラウリセウ展示会のご案内

反響をいただきましたダウン症の画家、ラウリセウ・カスティリョの展示会(販売)についての案内がありましたので、こちらに紹介しますね。興味がある方はどうぞ。
日時:5月3日(オープニング)から6月3日
場所:Cafe de Ville, Rua Mourato Coelho 993, Vila Madalena
連絡先:lauriceu@gmail.com (11)9813-9655 - Patricia Castilho

2012年4月24日火曜日

Edificio Bretagne & 建物内プライベートギャラリー


フラビアさんに連れられて、前回モニカ・ナドールさんアトリエでご一緒した、リタさんの住居兼ギャラリーへ行って参りました。この家では、キューレーターの彼女がオークションを中心に収集した現代アートが所狭しと並んでいます。

最近のお気に入りは、Eduardo Srurがブラジリアの国民議会場(Congresso Nacional)前の池に投げた「Arte Salva」の浮き輪だとか。他にも、タルシラなどビッグネームの作品もあり、これらを友人の友人までに、安価で販売するそうです。「Desapego(執着しないの意)」をテーマにしたギャラリーで、リタさんが「禅の心よ」というように、どんな気に入って部屋になじんでいる作品も「これは私の物」ということはなく、好きだと言う方に売るそうです。 


さて、そのギャラリーもすてきでしたが、ギャラリーの入っているアパート「Edificio Bretagne」がまたすばらしい。建築家João Artacho Juradoデザインで、今では珍しくないですが、サンパウロ初のスイミングプール付きアパートとして59年にオープンしたもの。プール、バー、音楽ルーム(ピアノ部屋)、プレイグラウンド、プレイルームと様々な共同施設の揃ったこのアパートは、「ハリウッドスタイル」と称され、60年代には、バスで人々が見学に訪れるほどの目新しいものだったとか。現在も、その魅力は衰えることがありません。



ルーフトップガーデンも見学しましたが、またそこからの眺めがすごい。セントロのコパンビルディングやテハッソ・イタリアビルなんかも見えます。古いアパートは、味があって魅力的だけど、公共施設があんまりないからなあー、と思ってたのですが、こんなところがあるなんて!ああ、とっても羨ましい・・・。

2012年4月20日金曜日

SFWKレポートが掲載された「Hug Mug」発売開始!


私のソニー・ファッション・ウィークエンド・キッズのレポートが掲載された、「Hug Mug vol.5」は本日発売です。
日本のママさん、書店でぜひチェックして下さいね!

2012年4月17日火曜日

日系アーティストの作品を紹介する「ガレリア・デコ」

tomie前々から行きたいと思っていた「ガレリア・デコ(Galeria deco)」へ土曜日に行ってきました。目的は、大竹富江さんと三梨伸さんの二人展(Encontros: Tomie Ohtake & Nobuo Mitsunashi)。12人のブラジル、日本の現代美術作家による交流の作品展(Olhares Obliquos)も同時開催されていました。

大竹富江さんの作品は、4つの青いイメージ。深くて、とーってもきれい。2011年から2012年に渡って製作されたそうですが・・・98歳ですよ!すごい・・・。

mitsunashi三梨さんは、サンパウロ・ビエンナーレにも参加されている日本人の作家さん。カヌーや壁を飾る大きな羽根が気持ちのいい感じでした。

ガレリア・デコは、知らないと気がつかない美しい白い邸宅です。昨年30周年で、上述の三梨伸、草間彌生、村上隆らの作品展をしたんだとか。あー、見逃してしまったわ、残念。

そういえば、余談ですが、確かちょっと前の「ヴァニティフェア」に草間彌生さんのインタビューが出てましたが、82歳・・・そうとう我が道を行っているようですね・・・。

2012年4月12日木曜日

「ナイロン・ジャパン」サイトで連載開始!


こんにちは。またちょっと仕事を増やしてみました。以前雑誌の方にスナップを掲載いただいた「NYLON JAPAN」のウェブ版「NYLON.JP」の新企画、ワールド・スナップです。各都市のおしゃれさんに混ざって私が撮影するサンパウロの女の子の写真も掲載されていくので、ぜひチェックして下さい!